割安な自動車保険を選ぶコツ

自動車保険の乗り換え

自動車保険は生命保険等と違い、全く還元されないのでなるべく安く抑えたいものです。

 

安くするには保険会社の選び方が重要です。

 

基本的にダイレクト型と言って通販タイプの方が代理店型よりも割安です。

 

ただダイレクト型でもあまり安くないという場合もあります。そういう場合は補償内容を変える事により保険料を安くできる可能性があります。

 

まず初めは運転手を限定する方法です。現在家族限定の方は、夫婦限定にすれば割安になりますし、一番安くなるのは本人限定にしてしまう方法です。

 

次は車両保険の選択方法です。通常のタイプは車同士や自損事故も補償されるのですが、それから当て逃げと自損事故が補償されないタイプに変更するだけでかなり割安になります。

 

また、自家用車の年式がかなり古いのであれば、思いきって車両保険自体をなくすという選択もあり得ます。

 

三番目が車両保険の自己負担金額です。免責とも言いますが、通常が1回目が5万円で2回目が10万円です。これを1回目を10万円に変えると割安になります。

 

更に1,2回目共に15万円にするとかなり割安になります。

 

割引を使って保険料を安く抑える

自動車保険の乗り換え
補償内容は変更したくないという人で保険会社の割引条件に当てはまる相性のいい人であれば、保険料を抑えられる場合もあります。

 

年間走行距離が少ない場合はかなり割安になる場合があります。土日だけしか乗らないという人や、通勤距離がわずかな人など、これに該当する人もかなりいると思われます。

 

一度調べてみる価値があると思います。

 

また年齢条件もあります。30歳未満不担保などに変更するだけで割安になります。これも調査してみるといいでしょう。

 

他にも20等級以上の人が該当する長期優良割引などがあり、会社によって様々な割引があります。

 

通常は20等級までですが、会社によって22等級まで設定されている場合もあり、事故の時に保険を使用しても割引率の減少幅がわずかになるメリットがあります。

 

新たな傾向として、40代、50代は割安な設定をしている会社があります。おとなの自動車保険などですが、この年代は事故の確率が少ないという理由からです。

 

これらの保険会社の内容を一括見積りするのが簡単でお勧めです。同様の条件でいくつもの会社を比較するのが可能で、自分の条件と一致する会社が一目で探せますので時間の節約にもなります。

 

見積もりは毎年の更新時期にてとるのが一番です。時間と共に保険内容は微妙に変化する事もありますし、新たな特典を打ち出す会社が現れる事もあり得ます。