保険料を節約するために自動車保険の乗り換えを行う

自動車保険の乗り換え

 

自動車保険には自賠責、任意と主に2種類あります。

 

このうち自賠責は必ず加入する事が必要なため、強制保険とも呼ばれています。

 

任意は強制ではないため、加入しないという選択も取れます。

 

しかし自賠責の補償には限度があります。

 

事故の内容によっては補償し切れない事があるのです。

 

そんな自賠責では補償し切れない部分を補うのが任意保険の役割となっています。

 

自賠責はどの保険会社で加入しても同じですが、任意は保険会社によって異なります。

 

任意は十分な比較検討を行ってから加入する事が大切です。

 

比較検討するため、わざわざ複数の代理店まで出かけていたのでは手間が掛かり過ぎてしまいます。

 

最近ではインターネットの普及により、通販型の自動車保険が増えてきました。

 

インターネットで24時間いつでも見積もりを取り寄せる事が可能です。

 

代理店まで出かけて見積もりを貰うという手間は掛かりません。

 

さらに通販型は代理店の維持費や人件費などの経費を節約できるため、保険料が安いというメリットもあります。

 

複数社から見積もりを貰っておき、それぞれ比較検討を行っていきます。

 

同じような補償内容で見積もりを取る事が必要です。

 

自動車保険の一括見積もりサイトなら1度依頼するだけで複数社からの見積もりが届きます。

 

さらに手間を掛けずに複数の見積もりを比較検討できるようになります。

 

見積もりを複数社から取っても料金は掛からないため、遠慮なく利用する事が可能です。

 

後は一番保険料が安かった保険会社、十分な補償が受けられる保険会社など自分に合った選び方を行い、自動車保険の加入手続きを進めていきます。

 

自動車保険の保険料を決める等級について

自動車保険の乗り換え
自動車保険の保険料は等級によって割増、割引される制度が導入されています。

 

保険を使用する事故を起こすと等級がダウンし、保険料が割増になります。

 

1年間無事故で運転すれば等級がアップし、保険料が割引されます。

 

せっかくアップした等級はそのまま維持したいところです。

 

他社の自動車保険に乗り換えを行っても、今の等級はそのまま引き継がれますので安心です。

 

代理店型の自動車保険から通販型の自動車保険への乗り換えでも同じです。

 

この等級は家族の間でも引き継ぎする事が可能です。

 

運転免許を取得したばかりというお子さんでも親のアップした等級の引き継ぎができるため、保険料の節約ができるのです。

 

契約期間中に乗り換えを行うと無事故でも等級アップができなくなってしまいます。

 

乗り換えを行う時はタイミングに注意して下さい。

 

うっかり忘れて満期日を過ぎてしまっても、7日以内なら等級の引き継ぎが行えます。